幼児英語ならセブンプラスバイリンガル(7+Bilingual)!

 

「早いうちから子供に英語をやらせたほうが良いのはわかってる」

 

でも、

 

「どんな方法で

どんな教材でやらせたら良いか分からない!」

 

「教材を買って失敗した!」

 

というママに是非お勧め口コミしたいのが、

七田式から出版されている幼児向け英語教材のセブンプラスバイリンガルです。

 

私も、ディズニー英語システムやワールドワイドキッズ、

こどもちゃれんじEnglishなど

 

様々な教材を比較して

その結果、七田式のセブンプラスバイリンガルに決めました。

 

実際に使って、その効果と値段から、

 

「セブンプラスバイリンガル買ってよかった」と感じているので

その全てを口コミします★

 

セブンプラスバイリンガルで子供と英語教育に取り組んでいるのはこんな人

初めまして!

当サイト管理人のさゆりといいます。

私には2歳半になる娘がいて、0歳~近所の七田チャイルドアカデミーに通っています。

 

そして、ちょうど2歳から、

七田式のセブンプラスバイリンガル(7+Bilingual)を始めました。

今、半年がたったところです。

 

この教材をやらせようと思ったきっかけは、

 

娘を元々七田チャイルドアカデミーの教室へ通わせていて

七田メソッドのすごさを肌で感じていたことと、

 

娘と同じ七田チャイルドアカデミーのクラスにいるお友達のお兄ちゃんが、

 

セブンプラスバイリンガル(7+Bilingual)での英語学習をきっかけに

年長さんにして英検3級に受かったことを知ったからです。

 

実際に英語の発音も恐ろしくキレイで

 

何より、

単語やお決まりフレーズだけでなく文章で英語を話すことが出来ます。

 

身近にいた「超ハイスペック幼児」に憧れ(笑)

我が家でも七田式のセブンプラスバイリンガルを始めました。

 

実際にやってみると、教材は本当に素晴らしいし

英語力も伸びてきているので

もっと沢山の人に勧めたいと感じています。

 

インターネット上には様々な幼児向け英語教育の情報が流れていて、

 

「これって本当?」と疑いたくなるようなものや

「明らかに営業目的!」みたいな口コミも多くありますよね。

 

だから私は、

 

実際に自分や娘が経験していることを素直に伝えたい!をモットーにしています。

 

その上で、

 

・七田チャイルドアカデミーって、実際通ってみてどんな感じ?

・セブンプラスバイリンガルって本当に効果が出るの?

・セブンプラスバイリンガルの超リアルな口コミを詳しく!

・セブンプラスバイリンガルってどういう風に使わせればいい?

・幼児向け英語教育ってどうすれば本当に身につくの?徹底調査した口コミ

 

といった、「セブンプラスバイリンガルに関するあれこれ」を、

詳しく発信していこうと思います。

 

年長さんで英検3級に受かったお友達のママにも、

 

教材の活用方法について根掘り葉掘り聞いたので、絶対に参考になると思います。

 

なので、このサイトが

お子さんの英語教育に悩んでいるママさんの、知恵袋的な存在になれればいいなと思っています。

 

そもそも幼児向け英語教育って必要?

 
あなたも迷いませんでしたか…?
 
 
幼児向けの英語教育って、
 
生後6ヶ月から始めた方がいいとか、3歳からがいいとか…
 
 
世の中には色々な情報が溢れかえっているので
 
何が正解なんだろう…って!
 
 
ママ自身がバイリンガルとかなら
 
自分で英語を教えてあげられるけど、
 
なかなかそんなママさんばかりじゃないですよね。
 
 
 
私も色んな情報に振り回されてどうしてよいかわかりませんでした。
 
 
でも娘が2歳に近づくにつれて、どんどん上手に日本語を話し始めて。
 
 
本当にこのままでいいの?
 
まだ英語、やらせなくていい?
 
 
本当に悩みました。
 
でも、悩んでばかりじゃ何も進まない。
 
 
ネット上の情報も色んなことが書いてあるからわからない。
 
 
だから、自分自身で情報を集めて回りました。
 
 
私はこれでも一応慶応大学卒、商社勤務なので
 
英語が堪能な友達が沢山います。
 
 
そういった友達が、子どもの頃どんな勉強をしてきたのか、
 
結婚して子供がいる友達なら、子供にどんな英語教育をしているのか。
 
 
20人くらいに相談しました(笑)。
 
 
 
相談してみてビックリした意見は3人の帰国子女の友達の話でした。
 
幼稚園までしかニューヨークにいなくて
小学校からずっと日本の教育を受けて育ってきたから、
 
英語は、みんなと同じく必死に勉強したの。
 
でもね、不思議と英語の聞き取りには何にも苦労しなかったの。
 
だから、英語の勉強は楽しかったし、発音もきれいなんだと思う」
 
 
小学3年生までロスにいたけど、帰国したら英語忘れたよー。
 
あっちではあんなに英語使ってたのに、帰ってくると忘れるんだね(苦笑)。
 
でも、ヒアリング力は衰えなくて英語が聴きとれたから
 
他の人より高い英語力を身につけられたし、まあ良かった!」
 
 
子供の頃、日本語にすっごく苦労したから、
子供には日本語しか教えてないよ。
 
でも、いつでも英語を覚えられる土台は作っておきたかったから
映画とかアニメは基本英語でみせてるよ。それくらいかな」
 
 
その超リアルな声を沢山聞いて、気が付いたことがありました。
 
考えてみれば、七田式の先生も同じことを言っていました。
 
 
それは、
 
英語が聞き取れる力は子どものうちに鍛えておけば衰えない!
 
 
簡単な会話練習や単語などは、覚えたって意味が無い
 (帰国子女でも忘れちゃうくらいなんですから…)
 
ということです。
 
 

どうして日本人は英語が苦手なのか

 
私自身、高校までの得意科目は実は「英語」でした。
 
 
でも、社会人になって、
あまりにも使い物にならない自分自身の英語力に凹み、
 
それがコンプレックスになってしまいました。
 
 
得意科目がずっと英語。
それで慶應義塾大学に入学。
 
そんな私ですら、英語が話せないんです。
 
 
嘘かと思われるかもしれませんが、本当です。
 
 
 
私がずっと勉強していたのは
「試験のための英語」
 
 
その英語力は、
実用的な英語力では全くなかった。
 
 
なので、
娘には間違った英語の勉強の仕方をしてもらいたくない。
 
自分と同じようなやり方で、娘に英語を教えることに
ものすごく大きな不安がありました。
 
 
それに、どんなに頑張っても良くならない自分の「発音」
 
これもコンプレックスです。
 
 
そのひどい発音が娘にインプットされてしまっても嫌だなと思っていました。
 
 

子どもは成長するにつれて必要ない聴力を失っていく。

 
そのことについては、七田式の先生からも言われていました。
 
 
でも、どうしてだか知っていますか?
 
 
それは、日本語独特の言葉の発音にあります。
 
日本語は全ての単語が「ア・イ・ウ・エ・オ」の母音で成立するんです。
 
 
例えば「ボトル」という単語は、日本人にとっては
 
「ボ(オの行)、ト(オの行)、ル(ウの行)」
 
として頭で認識しますが、
 
 
英語だったら「bottle」黄色の部分は子音だけで発音するので
 
 
「オ」「ウ」などの母音は発音していません!
 
 
この曖昧な子音が、子どものうちは
 
「純粋にハッキリと」
 
聞き取ることが出来るのですが、
 
 
成長するにつれて、聞いた単語を全て、
 
この「ア・イ・ウ・エ・オ」の母音に当てはめることでしか聞き取れなくなるそうです。
 
 
 子どもの英語教育で、
 
「アップル!」
「マイ ネーム イズ・・・」
「ハロー!」
 
なんて勉強しても全く意味ないのはこの理由から。
 
 
 
大切なのは、子どもが英語で簡単な受け答えが出来るようになることじゃない。
 
 
英語の音が、「純粋に聞き取れる力」を育てること。
 
 
そして、その先として、
 
英語が聞き取れて、意味が理解できる
 
ようになること。
 
 
その「英語が頭にインプットが出来ている」状態が一番の理想なんだそうです。
 
 

英語を聞き取る力を育てるためにはどうすれば良い?

 
確かに私には、とっても思い当たるところがありました。
 
 
 
中学・高校と英語が得意で、受験で役立ったのも英語だった私。
 
 
なのに、
 
外国の方との英会話がまるで出来なかったからです。
 
 
 
せっかく試験で良い点数を取っても、
 
道で聞かれた簡単な会話が聞き取れない。
 
 
海外旅行へ行っても、現地の人と楽しく会話なんて全く出来ない。。
 
 
相手も私も簡単な英語を話しているはずなのに
 
コミュニケーションがちぐはぐ…。
 
 
TOEICとかの試験英語はある程度聞き取れていたのに、です。。
 
 
私が勉強していた英語は、
 
ネイティブの方が話す英語がほぼ聞き取れないという、
 
全く使い物にならない英語だったんです。
 
だから、英語が出来て得したのは大学生までで、
 
その後、私は英語に本当に苦労する羽目になりました。
 
 
 
子どもにはそんな苦労はさせたくない!と
 
色々な英語教材を調べた結果、
 
 
最も「子供が英語を聞き取る力を育てられる」と感じて
 
 
 

セブンプラスバイリンガル(7+Bilingual)の何が良かったのかを口コミします

 
まず、この教材の特徴は、
 
教材がDVDではなくCDということです。
 
 
「CDだと子どもがちゃんと興味持って取り組んでくれるの?」
 
といった心配なママたちの声が聞こえてきそうですが、
 
ちゃんと工夫がしてあるので大丈夫です。
 
 
まず、可愛らしい絵のテキスト。
 
このテキストを見ながら英語を聞くので、絵本感覚で楽しめます。
 
娘はいつも、
 
「きょう、ここー」
 
と、聴きたいストーリーのページを開いて持ってきてくれます。
 
 
DVDと違ってCDなので、
 
耳からバンバン英語の情報が入ってきますし、
 
ジェスチャーや歌など、余計な情報が入らずに
 
 
「英語が聞き取れる力」
 
を鍛えることができてる感覚がとてもあります。
 
 
 
さらに、3倍速での英語が収録されていて
 
英語を右脳にインプットすることが出来ますし、
 
 
その3倍速音声は子どもにとって面白いようで
 
娘も毎回「はげしい~~~!」と言って爆笑して聞いてます。(笑)
 

私は、英語教材を選ぶうえで、

・子供が長い間飽きずに取り組める教材

・ママである私が、続けられそうな教材(笑)

を選びたいと考えていたのですが、

 

それもセブンプラスバイリンガルで解決しました。

 

魅力なのは、1回の学習時間が7分なこと。

 

7分なら、「今日もちょっとやってみるか」という感じで

重い腰も上がるママが多いと思います(笑)

 

※年齢が高め(5・6歳)になったら、400%学習をするとより効果的ですが、

うちの娘は2歳なので、400%学習はまだしてません。

 

⇒⇒400%学習についてはこちらで解説しています。

 

でも、どうしても興味が無い日もあるし、

全力で嫌がる日もあります…

 

そんな日は、教材のぬりえを!

ぬりえをやるときのBGMとして、教材のCDを聞き流しで流しています。

 

塗り絵用に、色鉛筆もセットで送られてきました^^手厚い。

 

これくらいのことだからこそ、続けてこれました。

 

七田式のママ友達(お兄ちゃんが年長で英検3級に合格)も、

それくらい英語力が伸びた理由も

 

「とにかく毎日コツコツと長い間取り組んだこと」

とのことでした。

 

これってすごく大事なことですよね。

 

私の受験勉強の時も、3冊の参考書や問題集をやるよりも、

同じ参考書や問題集を3回やった方が定着するって言われてました。

 

セブンプラスバイリンガルは、子供が飽きないような工夫も沢山してあります。

ぬりえもそうですが、そのストーリーも興味深いのです。

 

テキストのテーマは「世界旅行」!

例えば、アマゾンのジャングルツアーへ出かけたり、

アジアでゾウのタクシーに乗ったり。

結構難しい英語がバンバン出てくるのですが、

これが、年齢を重ねるにつれて意味がわかってくる子供も楽しいらしいのです!

 

月齢が上がると、ほとんどのページの英語を暗唱しちゃうだけでなく、

「中国には万里の長城がある」

などの世界地理の知識まで身についちゃう子が多いとか。

 

2歳の頃は絵本感覚で聞いたり、聞き流し。

3歳~4歳で復唱もやってみる。(復唱用の”Review”トラックが付いているのでそれに合わせて復唱するだけ)

5~6歳で暗唱にトライ!

 

セブンプラスバイリンガル1つで、実用的な700フレーズもの英語を暗記できます。

(単語単位ではなく、会話単位で

 

こんなに長い期間親しめる教材ってなかなかありませんよね。

 

そして、扱いが難しいおもちゃや教材が一切なくてシンプルなので

ママも心が折れずに継続できます(←こことっても大事ww)

 

繰り返していれば、ものすごく大きな効果が現れるんですね!

 

 

実際、うちの娘は今現在、教材を始めて半年ですが、

カタコトの英語を話し始めています。

 

娘(2歳半)が自分から話すようになった英語はこんな感じです。

「Really?」

「OK!」

「Me too」

「Elephant taxi!」本当は”An”が最初に必要ですが…

「Thank you」

「Are you from JAPAN?」多分暗唱しているだけで意味はわかっていません…

「I’m Kevin. Nice to meet you!」あなたの名前はケビンでは無いのですが。笑

 

可愛すぎてたまりません♡

 

そして、

 

何よりも子どもの発音に驚きます。

とってもきれいなネイティブのような発音なんですよ!!

 

幼児期から英語が話せる子って、

とにかく「英語の発音がすごい!」って感じたことはありませんか?

 

やっぱり大切なのは、

英語の発音を素直に聞き取れる耳

の力なんだなあ…

と実感しています。

 

どうですか?

セブンプラスバイリンガル(7+Bilingual)だったら自分でも出来そう!

って感じませんでしたか?

 

私も続けてこれているし、

これくらいのボリュームなのでストレスレスで楽しく英語に取り組めていることが

とっても素敵なことだな、と思っています。

 

セブンプラスバイリンガルはこんな家庭に向いている

 

実際にセブンプラスバイリンガルを使ってみた立場として、

こんな家庭には向いていると思います。

 

・とにかく子供向け英語教材選びに悩んでいるママ

 

・沢山の教材があるとママ自身が続けられるかどうか不安なママ

 

・子供とコミュニケーションを取りながら英語を学ばせたいママ

 

・単語やフレーズ単位ではなく、実用的な「会話」単位で英語を覚えさせたいママ

 

・長く使える教材を探しているママ

 

・英語が聴き取れる耳を育てたいママ

 

・英語学習教材選びに失敗したくないママ(返金保証があるので、失敗はありません)

 

逆に、こんなママには向かないかもしれません。

 

・おもちゃや色々なグッズを活用して勉強させた方がテンション上がるママ

 

・高いお金を払った方が、長い期間モチベーションを保てるママ

 

・映像重視で英語を学ばせたいママ

 (イラストのテキストだけなので、子供が小さいうちは情景までイメージして英語は聴き取れません。それが気になる方)

 

・多種多様な教材を駆使して、英語漬けになれる環境を用意したいママ

 

・1つの教材じゃ飽きてしまうママ

 

・元々子どもと一緒にあまり絵本を読んでおらず、そういう場を作るのが難しいママ

 

なので、正直どんな家庭にも必ず向く教材だとは断言できません。

 

やはり、勉強を続けるには、

親御さんがどれだけ前向きに取り組めるかが大事だと思うからです。

 

でも、

 幼児向けの英語教材を検討しながら
 
 
「こっちの教材が良いかな?」
「あっちのほうが良いかも」
 
 
と思っているうちに子供は成長していきます^^;
 

 

なので、
 
迷ったら、教材フルセットを手に取って確かめてみるのが一番ですよね^^
 
 
セブンプラスバイリンガル(7+Bilingual)は、公式サイトからの購入であれば
 
納得いかなかった場合の全額返金保証がついてきます
 
 
返金保証がついている教材なんて、他には1つも無いですよ!
 
だったらそのシステムを使っているのが一番です。
 
 
なので、是非教材を手に取って、実際にご家庭で試してみてくださいね。
 
 
サブコンテンツ

このページの先頭へ