七田式の先生直伝口コミ!5分間暗示法でセブンプラスバイリンガルの英語をさらにインプットさせました!

幼児英語、なかなかうまく行かないなあ…

と悩んでいるママさん、多いですよね!

(私もその1人でした)

 

例えば、

どういう教材を使えばいいかわからない。

 

教材を買ったところで、活用しきれない。

 

教材使う時間がない。

 

子どもが全然興味を持ってくれない。

あげたらきりがない~~~^^;

 

 

で、うちの娘は元々七田式に通っていることもあって

周りの先輩ママ方に色々と英語教育について話を聞き、

 

七田式の先生にも色々と相談し、

 

あれこれ悩んだ結果、

やっとやっとセブンプラスバイリンガルを購入して

2歳になってから英語を勉強し始めました。

>>セブンプラスバイリンガルってどんな教材?<<

 

ディズニー英語システムやワールドワイドキッズなど

大手の家庭学習用英語教材と比べて破格に安かったのも

決め手になりました。

背に腹はかえられません!!笑)

 

そして今、教材を使い始めてから半年がたったところなのですが、

 

教材を使ってみて、実際に良いな~と感じている一番のところは、

1回の学習時間が7分なこと!

 

短か!笑

 

これが何気に、私にとって継続していける大切な理由になっています。

 

自宅での英語学習が続けられるか否かって

実は子供よりママ・パパにかかっていると私は思うんですね。

 

ついつい日々の忙しさで

「今日も英語、いっか!」

って思ってしまうんですよね。

(こんなサボり症は私だけかもしれませんが)

 

また、

最初はモチベーション高く取り組めるのに、

ママが途中で段々飽きちゃったり、さぼっちゃったり。

 

それで、教材が沢山あっても使いきれず虫食い状態の中途半端な形で

終わってしまったり、、、

 

だから、

毎日続けられるほどシンプルで効果が高い教材が一番だと私は思っています。

 

一応、セブンプラスバイリンガルを買った時についてくる

使い方マニュアルに沿ったやり方でやると、

 

400%学習法という、

過去3回分の復習をしてから先に進めるやり方があるのですが、

 

うちの娘はまだ2歳なので、400%学習はやっていません。。

 

周りのママさん方の話を聞いていると、

400%学習は、5歳くらいからかなり効果が出るみたいなので

もう少し聞き流しと遊び感覚で進めていこうと思っています。

400%学習法って何なの?と気になる方はこちらへどうぞ!

 

 

それでも、娘は開始半年で結構色々と英語を口にし始めました。

絵本感覚で親子で楽しく英語が聞けてるからだと思います。

 

一例をあげてみますと、

「Really?」

「OK!」

「Me too」

「Elephant taxi!」本当は”An”が最初に必要ですが…

「Thank you」

「Are you from JAPAN?」多分暗唱しているだけで意味はわかっていません…

「I’m Kevin. Nice to meet you!」あなたの名前はケビンでは無いのですが。

              ここは訂正しても、真似しちゃうので今のところ放置。

 

聞き流しって賛否あると思うのですが、

「幼いうちは」

「聞き流し」も大いにアリだな~と実感しています。

 

それはやはり、英語の音に慣れることが相当大事だから。

 

とにかく英語の「音」をしっかりと拾い続けてもらうこと。

 

英語を聴いても「拒否反応」を起こさない状態だけでも作っておくことが

後々すっごく大きな結果を作ってくれると思います。

 

実際に、娘はCDを聴きながら

ありとあらゆる英会話文を復唱します。

 

その発音のきれいなこときれいなこと!

 

これが、小学生になっちゃうとかなり厳しいみたいなのです。

日本人の大人が英語を話すときみたいな「カタカナ英語」(私もその1人ですが)

になってしまうんです。。

 

それに比例して、

CDを聴いたところで、ほとんどの「英語独特の発音」が

聴き取りづらい耳になってしまっています。

 

そうすると、英語のヒアリング力を鍛えるのも

かなりの努力が必要になってきますね。

 

だから、

幼児期の英語教育で最優先すべきなのは、

成長とともに着実に、聴き取れなくなってくる英語の音

を聞き取れる耳を作っておくことだと言われています。

 

七田式的には、

日本語を勉強するにも英語を勉強するにもまずは大量のインプットが必要で

なおかつ少しでも右脳にインプットしておくことを意識しています。

 

もちろん後々アウトプットも必要になってきますが、

それはもっとずっとあと。

 

最初は焦らずに、ちゃんと英語の「音」を聞かせ続けること。

 

これを強く推奨されます。

 

実際に、娘と同じ七田式の教室に通っている子のお兄ちゃんは

セブンプラスバイリンガルを使って勉強していて、

その結果、かなり流暢な英語を喋っていました。

 

何よりその「きれいな発音」に感動しました。

 

私が何年も何年も英語を勉強してきて、

しかも得意科目が英語だった私ですら

 

未だに似ようにも似つかない、その「ネイティブのような発音」。

 

嫉妬してしまうくらい羨ましいです。正直。

 

そのママも、最初の頃はセブンプラスバイリンガルのCDを

ご飯の間だけでもいいからとにかくBGMとして流していたと言っていました。

 

子供の頃は、どんな英語の発音も聞き取れる力があって、

さらにその発音もしっかりと真似できる力があるなんて、

 

子供が秘めている力って本当にすごいな~!

と思わされた出来事でした。

 

しかもそのお兄ちゃんは、セブンプラスバイリンガルで

コツコツと英語を学んで、

年長さんで英検3級に合格しています。

 

700フレーズもの英会話が学べてしまうので

コツコツ続ければそれくらいの成果が出るのかも知れませんが、

恐るべし…

 

セブンプラスバイリンガル

>>七田式英語セブンプラスバイリンガル詳細はこちら<<

 

セブンプラスバイリンガルを使って子どもの右脳に英語を叩きこもう!

どうしても英語学習をしている中で

ママたちはすぐに「アウトプット」を期待しちゃうらしいです。

 

うんー。めちゃめちゃわかります!私もそうでした。(苦笑)

 

例えば、

「早く英語話せるようにならないかな?」

 

「これだけやってもまだ英語話さないの?」

 

「聞いてるだけで本当に身についてるからなあ。やっぱり失敗だったかも」

 

とにかく子供が「英語を話す」ことを期待しちゃって^^;

 

焦る焦る^^;

 

でも、日本語だって、長い長い期間インプットを続けてきた結果、

あれだけ話せるようになったのですし、

 

七田式の先生からは、

「まずはとにかく右脳に英語をインプットさせて!

アウトプットはそのあと!」

と口すっぱく言われていました。

 

何度もくじけそうになりながら続けてきた結果、

半年で本当に英語を、

真似ではなく自分の言葉として口にし始めたので

 

「インプットしてればちゃんと自分でアウトプットするって本当だった…」

と実感しているところです。

 

でも!インプットしたくたって、

それすらなかなか難しくないですか??

 

うちの娘は結構ガンコなので

聞き流しもいつでも出来るわけでもなく、

 

「消して~!いやだ~~!」って言う日もありました。

 

そりゃそうですよね、、

どんなにお気に入りのおもちゃだって、

毎日必ず遊んでくれるわけではないですから^^;

 

そんな時は、こちらの記事にも書いたような工夫をしました。

 

付属でついてきた「ぬりえ」の活用です!

 

ぬりえだと基本的に食いつきが良いので、

2人でヌリヌリしながら、BGMとしてセブンプラスバイリンガルのCDを。

 

これを7分間頑張れたら、もうその日はOK!っていう感じにしています。

 

そしてもう1つ、ぬりえでもダメだったり、

そもそも「今日何もしてないや」

という日の救世主的な使い方として、

面白いインプット法を七田式の先生から教えてもらったのでちょっとご紹介しますね^^

 

5分間暗示法を活用する!

あまり聞きなれない方法かもしれません。

私も七田式の先生から教えてもらうまで知りませんでした。

 

でも七田式の教室では有名な、

子どもの潜在意識に働きかける方法です。

(と言っても、私が教えてもらったのは入塾してから1年後でしたが…

もっともっと早く教えてほしかった!)

 

これは何かと言うと、

「子供が寝入ってからの五分間は、顕在意識は眠ってしまう。

 

しかし、潜在意識はまだ目覚めていて働いている。

 

そこでこの時間を活用し、子供の潜在意識に働きかけると、

 

寝ているはずなのに、潜在意識に擦り込まれて大きな効果を発揮する

 

というものです。

 

子どもに暗示を与えるのに、5分間暗示法ほど効果のあるものは無いそうです^^

 

でも、こういう類の話って、人によっては「ハア~?」って感じかもしれないですね。

 

そんな方は、じっくり読まずに飛ばしちゃってください(笑)。

ここで、セブンプラスバイリンガルについてもう少し詳しく知りたくなった方はこちらへ

私が今までどれだけ英語に苦労してきたかと、

娘にとってセブンプラスバイリンガルがどんな効果を出してくれたかをまとめています★

私は娘の英語のインプットにときたま活用しましたが、

例えば子供の指しゃぶりを直したい、

おねしょを辞めさせたい…

 

という時なども使えます。

 

5分間暗示法のやり方!

まずやるタイミングは、子供が寝たすぐあとです。

眠りが深いときに行っても効果は無いそうです。

 

寝かしつけしながらでも大丈夫ですが、

敏感な子だと嫌がるかもしれないですね^^;

 
 
♦1:鍵の暗示
「○○ちゃんは今、眠っているけれど
頭の中には目覚めているところがあって、
これからママの言うことが全部頭の中に入って覚えています」
 
とささやきます。
 
これをしないと、寝ている間は
頭は何気なく聞こえる言葉は必要ない情報として
聞き流すように組まれていまっているので
鍵の暗示は最初に行うことが大切だそうです。
 
 
♦2:愛情の暗示
「○○ちゃんのこと、ママもパパもだーいすき。
○○ちゃんは素直で良い子です。
他にもおじいちゃんもおばあちゃんも○○さん(言わなくてもOK)も
○○ちゃんのことがだいすきよ」
 
愛情を伝えます。
 
 
♦3:一体化の暗示
「○○ちゃんとママの心はいつもいっしょです。
ママとお勉強することが頭の中にスイスイ~~と入ってきて、
いつでも取り出すことが出来るよ」
 
 
子供の心にあるストレス感情をぬぐいさります。
 
 
♦4:矯正の暗示
ここで、潜在意識に働きかけたいものを伝えます。
私の場合は、セブンプラスバイリンガルのReviewトラックをかけます。
 
英語と、それに合わせたママの英語を聞かせるんです。
 
 
これが、七田式の先生から教わった、
 
英語をスムーズに頭の中にインプットさせる方法です。
 
 
これなら子どもは寝てますから、
どんな状況でもママさえ少し頑張れば出来ちゃいますよね^^
 
どうですか?
出来そうでしょうか^^?
 
 
ちなみに、娘が通う七田式のレッスンでは、
この5分間暗示法を必ずレッスンの最初にやります^^
 
「頭の中にスイスイ~と入っていつでも取り出せるよ~~」
 
という暗示をかけてもらってから、フラッシュカードを見たりしてます^^

また、もし英語以外に何か子どもに働きかけしたいことがあれば、

 

4番の矯正の暗示のところで、

「~できる」

「~できた」

という言い方で伝えてあげるととても効果的だそうです。

 

例えば

指しゃぶりを直したければ、
「指しゃぶり直ったね!」
 
おねしょをやめさせたければ
「寝ている時におしっこしなかったね!」
「おしっこしたくなったら起きてトイレ行けたね!」
 
というように、伝えてあげるとそれが本当にできるようになるそうです。
 

とても効果があると七田式の先生も言っていました。

 

この5分間暗示法を使うのに、

セブンプラスバイリンガルの教材はCDなので最適でした。

 

しかも英語を「単語」ではなく「会話」「文章」として覚えていくので

5分間暗示法でのインプットはとっても大きな効果があると思います。

ぜひお試しくださいね!

 

サブコンテンツ

このページの先頭へ