安い!幼児向け英語教育を安く確実に学ぶならセブンプラスバイルンガルがお勧め

あなたはどんな幼児向け英語教材をご存知ですか?

 

ディズニーの英語システム(DWE)が最大手ですが、

 

その他にも

ベネッセのワールドワイドキッズや

こどもチャレンジEnglish、

 

旺文社のえいごであそぼプラネット!

アルクのエンジェルコース

 

が有名どころではないでしょうか?

 

DVDやテキストの数量や付属のおもちゃの数なども全く違うので

どれがオトクでどれが損か、わかりづらいですが、

 

簡単に比較すると、各教材にかかる費用は以下の通りです。

教材名 費用 使える期間 特徴

ディズニー

英語システム

 約80万円~90万円

(他、任意で月会費3千円)

 0~12歳

 ・メイン教材はDVD、その他おもちゃが複数ついてくる

・文法がしっかり学べる

・DVDの映像はとにかく古い

・教材への取り組みには親のフォロー必須

・ワークショップなどアウトプットの場がある

ワールドワイド

キッズ

 約20万円  0~6歳

 ・メイン教材はDVD、その他おもちゃが複数ついてくる

・フォニックス(綴りと発音の規則性)が学べる

・4歳以降は教材に飽きてくるという口コミが多い

・ワークショップなどアウトプットの場がある

こどもチャレンジEnglish  約14万円  2歳~6歳まで受講した場合  ・遊びの感覚が強く、最終的な到達レベルが低め

えいごであそぼ

プラネット

 約10万円

 0~6歳

 ・フルセット価格では大手2教材より安い

・DVDの歌を楽しめるが、最終的な到達レベルが低め

・ワークショップなどアウトプットの場が無い

アルク 

エンジェルコース

 約3万円  0~3歳

 ・CD教材

・内容は、マザーグースと遊び歌と簡単な家庭の会話、童話の読み聞かせ

・発語に繋がらない

 

こう見ると、幼児向けの英語教材の価格の幅がすごいありますね

 

実は私も、最初に興味を持ったのはディズニー英語システムでした

真剣に、購入を検討しました。

 

しかし、主人の許可が下りなかったこと(高すぎて…)と、

 

その後私の周りで、

「実際購入したけどすぐに飽きちゃって見ない」

と嘆いていたママが続出したので

 

正直、買わずに止めといて良かったかも…

と思いました。

 

高くても、子供が興味を持って取り組んでくれるかどうかは別問題ですね。

 

ちょっとDWEはギャンブル的要素が大きいかもしれないです。

ディズニー英語システム(DWE)に比べて安く、

評判も良いのがワールドワイドキッズ(WKE)です。

 

この教材も、約20万円と高額です。

 

DVDやおもちゃなど取り組み内容が多く充実していますが、

お母さんが頑張ってフォローしないと

全ての教材の活用が難しいことと、

 

「4歳くらいで飽きてくる」という口コミがとても多かったので、

 

「4歳で飽きちゃうなら満足できるレベルまで英語力は伸びないかも…

それに、4歳までで20万円はやっぱ高いな。。」

 

と感じ、購入は見送っていました。

 

そんなときに知ったのがセブンプラスバイリンガル(7+Bilingual)です。

 

うちの娘は七田式の教室へ通っているので

七田式の教材に対して、元々前向きな気持ちがあったことも確かなのですが、

 

娘と同じクラスにいるお友達のお兄ちゃんが

セブンプラスバイリンガル(7+Bilingual)をきっかけにして

年長で英検3 級に合格したことを知ったのが決め手になりました。

 

60日間の全額返金保証があるので、

「買ったけどやっぱり全部無しにする!」

ということが出来てしまうところもこの教材の魅力です。

 

そして何よりすごいのはその価格。

 

定価で2万円台なのですが、

公式サイトから購入した後体験談を送ると

さらに5,000円、全員キャッシュバックしてもらえます。

 

こんなに安いのに、オンライン英会話5回分のチケットまでついてきて

しっかりとアウトプットの場まで用意されていました。

 

相談窓口も充実しているので

買って終わりな教材ではないこところも良いですし、

 

ストーリーが面白いので、6歳むしろ小学生でも

楽しんで取り組んでいるという口コミが多いことも気に入りました。

 

この価格で以下の教材が含まれます。

 

セブンプラスバイリンガル(7+Bilingual)の教材に含まれるもの

・CD15枚(STAGE1~STAGE7、聞き流しCD1枚)

・イラスト集(36ページ)

・使い方マニュアル(27ページ)

・日本文と英文のテキスト(73ページ)

・全イラストぬりえ集(36ページ)

・48色色鉛筆セット

 

さらに、購入後の特典として以下もついています。

・「できる子をつくる親の35の知恵」ニュースレター

・「流暢な英語を話す子供にするための7つのポイント」映像

・人気英会話講師「ユッキー先生」による「全英単語集」

・オンライン英会話レッスン5回分

・子育てのプロ「七田式」専門スタッフが答える「英会話・教育・子育てなんでも相談電話チケット」

 

これはお買い得!って思いませんか?

私は…思いました^^;

 

実際に使ってみてわかった、セブンプラスバイリンガル(7+Bilingual)の良い点悪い点

娘はちょうど2歳からセブンプラスバイリンガル(7+Bilingual)を始めて、

半年がたちました。

 

まずこの教材の特徴は、DVDではなくCDで英語を学ぶという点です。

 

私が最初に心配だったのは、まだ2歳の娘が

「映像もない、ただの音声に興味を持ってくれるか?」

ということでした。

 

「本当だったらDVDの方がいいのにな~」

と、どうしても思ってしまって^^;

 

でも実際に半年取り組んでみて、

「CDの方が断然良いじゃん!」

って感じています。

 

セブンプラスバイリンガル(7+Bilingual)は

可愛いイラストを見ながらCDの音声を聞くのですが、

 

まずこのテキストに娘は興味を持ってくれました。

 

そして、絵本を聞く感覚でCDを聞いて、

娘も他の絵のストーリーが気になるらしく

(もちろん話の中身なんてわかってないはずですが)

 

「つぎ、これー」

と言って他の絵を指さしてリクエストしてくるほどです。

 

また、音声のみなので、余計な情報が入らず

「英語を聞く耳」が育っているなという実感もあります。

 

英単語が口から出るようになったからです。

これは、歌でごまかすのではなく、

しっかりと「英文」が頭に入ってきていると感じます。

 

1回7分、

聞き流しでもOKという手軽さが、

 

ちょっとゆるく不真面目な私にとっては最適です。(笑)

だからこそ、半年続けてこれたと思います。

 

これで、

教科書的ではないこなれたネイティブの表現が

700も学べるなんて良いですね!

ただ、物足りない点もあります。

テキストのストーリーが「世界旅行」なので、

出てくる単語に少し偏りがあることです。

 

もっと、家庭でのシーンや学校や公園など

子どもの生活に馴染んだ会話の方が実用的な気もするのですが、

 

単語ではなく表現がかなり実用的で使えるということと、

 

年齢が5歳6歳小学生…と上がっていくと、

かえって「世界一周旅行」のような

非日常的でワクワクする内容の方が興味を示すらしいので

今のところこのあたりは今後の様子見かな、と感じています。

 

娘がもう少し成長して来たら

 

どんな英語が口から飛び出すか、

オンライン英会話などはどこまで通用するか、

どこまで英文を頭に入れることが出来るか、とても楽しみです。

 

サブコンテンツ

このページの先頭へ