どうして日本人はバイリンガルの教育にずっと失敗してきたのか?

あなたは知っていますか?

今、世界の3分の2が、バイリンガルという事実を…。

 

日本では、バイリンガルなんてかなりハードルが高くて難しそうな印象がありますが、

海外では、バイリンガルはある意味「常識」。

 

もう世界では、英語が話せて当たり前な時代なんですね。

でも日本ではどうでしょうか?

 

本屋には英語教育に関する書籍が死ぬほど並び、

街にはかなりの数の英会話教室があるにも関わらず、

バイリンガルな人はほんの一握り…

 

日本では、バイリンガル教育は失敗してきてたと言わざるを得ない

現状だと思います。

 

そんな、世界の「常識」に追いつこうと、

日本でも幼児期から英語を学ばせる家庭がかなり増えてきました。

 

そうは言っても、

昔から、

幼児期からの英語教室って、実はそこそこあったんですね。

 

何を隠そう私自身も、

幼児期から小学校6年生まで

近所の英会話教室に通わせてもらっていました。

でも、全然話せるようにならなかった、、、

 

なぜなら、近所の英会話教室で教育していた英語が

そもそも「カタカナ英語」だったので、

英語が聴き取れる力が全く育たなかったからです。

 

英語が聴きとれなくては会話は出来ませんし、

カタカナ英語で覚えた沢山の英語フレーズも

 

英会話教室が終わってしばらくしたら

ほとんど忘れてしまったな、という印象です。

 

きっと、日本にある昔ながらの英会話教室のほとんどが

カタカナ英語を基本とした受け答え練習や

フレーズ・単語の暗記をしているのではないでしょうか?

 

私自身の経験からお伝えすると、

こういった英会話幼児教室での成果は

 

受験などの英語の点数上は役立つことがあっても

決してバイリンガルになれることは無いと思います。

 

私も大人になってから

かなり必死に英語の聞き取り・発音・会話練習に苦労してきたので…。

 

じゃあどうしたら失敗せずに子供をバイリンガルに育てられる?

今2歳の娘を見ていても思うのですが、

幼児期の頭って本当に柔軟ですね。

我が家で使っているセブンプラスバイリンガル(7+Bilingual)も

聞き流し程度ですがそれでも英語を聞く耳が育ってきているようで

 

教えてもいないのに、出てくるフレーズを口にするようになってきました。

 

しかも発音が驚くほどキレイ

 

ママの私が英語を口にするのが恥ずかしくなるほどです。

 

こういった様子を見ていると、幼児向けの英語教育では

 

カタカナ英語を使った受け答えの練習をするよりも、

とにかく大量のネイティブ英語を浴びせてインプットさせる

ことがとっても効果的なんだなーと実感をしています。

 

 

幼児期に英語を大量インプットさせると有効な理由

私が自宅でセブンプラスバイリンガル(7+Bilingual)を使って子供に英語の勉強をさせていると言うと、

だいたいのママ友達が

 

「開始してどれくらいで英語話し始めたの?」

 

「英語、話せるようになってきた?」

 

とにかく「英語の発語」について質問をされます。

 

確かに、子供が英語を話し始めたら、

英語がものすごく身についてる!って実感できますが…

 

でも、色々な本や文献などには、

 

そもそも幼児期の脳の働きはアウトプットよりインプット向き。

 

だから、アウトプットは焦る必要ないし、なくても当たり前。

 

そう書いてあります。

実際の私のママ友達で

息子さんが年長で英検3級に合格した方も

 

「最初はとにかく英語を聞かせることにだけ注力していたよ」

と言っていました。

 

確かに、

英語を教えても教えても、子供が全く英語を話さなかったら

「これ、本当に意味があるのかな」

と不安になると思います。

 

だから昔からの幼児向け英会話教室では、

「ワッチュワネーム?」

「マイネームイズ、マキ」

 

みたいな、カタカナ英語をどんどん覚えさせて発語練習させ、

親は「わー!自分の名前を英語で言えるようになったー!」

と喜んでいたものの、

 

それが大人になったときに何の足しにもならなかった…

という子たちが多いのではないでしょうか?

(私含めですが^^;)

 

幼児期は、脳そのものがインプットを得意としている時期。

 

なので、その脳の特徴を生かし、

より多くの英語を聞かせて吸収させ、

 

「英語が聴き取れる力」

「英語を聞いて、その意味が理解できる力」

 

そういった力を伸ばすことがとっても大事なんですね。

 

子供の理解を優先させるがあまり、カタカナ英語をインプットさせない

子どもの理解は後からついてきます。

 

それは、日本語の習得のときも同じこと。

最初はどんなことを話しているか全くわからなかった日本語も、

 

頑張って聴き取りながら

 

少しずつ

少しずつ

 

理解できるようになり、

その上で、話すことが出来るようになるんですね。

 

だから、幼児期に英語教育では

 

聞き流しなどでもいいので、

沢山の正しい英語の「音」に触れることが何よりも大事です。

 

そうすることで英語を聞きとる耳が育っていきます。

そして、正しい英語の「音」が聴き取れる耳が育てば、

今度は正しい英語の「音」を発語できるようになります。

 

だから、うちの娘が発する単語はまだ少ないものの

発音が驚くほどキレイなんですね。

 

幼児期にぴったりな英語教育方法は、まずは大量のインプット。

それが出来る教材として私が選んだのがセブンプラスバイリンガル(7+Bilingual)でした。

 

我が家の娘がセブンプラスバイリンガル(7+Bilingual)を始めたきっかけや

その後の変化についてはこちらの記事にもまとめていますので

是非ご覧ください^^

娘はセブンプラスバイリンガル(7+Bilingual)で圧倒的英語力を身につけ中!

サブコンテンツ

このページの先頭へ