【効果なし無駄?】セブンプラスバイリンガル6ヶ月使用後本音口コミ

子供の英語教育で、

「絶対に効果が出る教材」が欲しい!

 

教材選びを失敗したりして

「お金を1円たりとも無駄にしたくない!」

 

そう思いませんか?

(私はずっと、そう思っていました)

 

そんな、子供の英語教材を悩んでいるお母さん方に、

実際に我が家で購入した

七田式のセブンプラスバイリンガルリアルな結果口コミします。

 

また、セブンプラスバイリンガルの教材以外にどんな教材を持っているか、

どんな風に幼児へ英語を勉強させているか?

 

そんなことも口コミしたいと思います。

 

 

>>七田式英語セブンプラスバイリンガル詳細はこちら<<

 

幼児の頃からやらせたほうが良い?英語教育の実態は

私はずっと、考えていました。

英語は小さいうちからやらせた方がいいよねって。

 

成長するにつれてどんどん日本語が上達する代わりに、

英語の発音が聴き取れなくなるって、よく耳にしていたからです。

 

それに、私自身も、大人になってから英語のリスニングに相当苦労してきました。

 

だから、幼児向けの英語教育について、かなり調べていました。

 

でも、娘が通っている七田式の先生方は、

「是非3歳から英語を学ばせてください。それまでは日本語だけで大丈夫!」

いうことも言われ…

 

しかし!!

やっぱり早いうちから何かしら英語を学ばせたい。

という気持ちが捨てきれなかった私。

 

その一方で、

時間もお金も、余裕なんて無いっっ!

という現実。

 

お金に余裕があれば、色んな教材やお教室を試したり、

子供と一緒に時間をかけて、お勉強できると思う…

 

でも、私のようなワーママや、

そもそもどうやって子どもに英語を学ばせたらよいか分からないママも多いはず。

 

どんな教材を使えば良いか分からないし、

日常生活の中で、どう英語を取り込めば良いか分からない。

 

でも一方で、

「小学3年生からの必修化」

「小学5年生からの教科化」

2020年度に完全実施される英語教育。

 

そして、これからの時代、英語が話せないと仕事の幅も狭まるし、

とにかく子供に使える英語力を身につけさせたい!

 

って思うお母さん方は本当に多いと思います。

 

私がそうでした。

だから、とにかく優れた幼児向け英語教材に出会えたかったんです。

 

超英語苦労人の私が、学生の頃得意だった科目は「英語」だった矛盾

初めまして。当サイト管理人のさゆりです。

慶応大学法学部出身で商社で働く1児の女の子のママです。

 

娘を1歳から、近所の七田式の教室へ通わせています。

私自身、英語にすごく苦労してきた人間です。

 

商社で働く私は今でこそ英語が話せるようになりましたが、

入社するまでは全然英語が身につかずに苦しみました。

 

私の恥ずかしい過去を、ここで少しお伝えします。

 

私は慶応大学の法学部出身で、「得意科目は英語」でした。

 

「なんだ~偉そうに…。元々英語得意だったんならそんなに苦労しないじゃん。」

なんて、思わないでください。。

 

大学の入学試験で「得意科目が英語」でも、

それはただの「試験用の英語」。

 

英語が得意科目だった私が、大学入学後、

大学の授業でのディベート(英語で討論をする授業)で、

 

一言も言いたいことが言えない。

 

海外旅行に行っても、

「どの電車に乗れば、ダウンタウンへ行けますか?」

くらいの英語ですら、簡単に出てこなくてワラワラ…。

 

一緒に旅行に行った中学校の友達の前で、

すごく恥ずかしい姿をみせるしかありませんでした。

 

日本に来ている外国人観光客がいても、

話しかけずに見てみないふり…。

 

「得意科目が英語」な私だからこそ、

こんな自分が情けなくて、悲しくて、みじめでした。

 

受験用の英語でいくら良い点数が取れても、

こんな現実が待っています。

 

何が出来ないって、

試験会場で聞く英語はある程度聞き取れても、

 

実際の日常生活の中で話される英語は全然聞き取れないし、

 

聴き取れたとしても、

 

パッと自分の言いたいことを英語に変換することが出来なかったんです。

 

試験であんなに長文英語の読解が出来たのに…。

 

それでも、得意科目が英語でしたから、

いつか英語を使った仕事に就くことが夢でした。

 

外国人の方と沢山交流がある仕事がしたいって思っていました。

 

でも全く歯が立たない私の英語力。

そのため、大学入学後、

 

英語サークルに入ったり、

海外留学に行ったり、

 

帰国後も英会話スクールにずーっと継続して通ったり、

 

私が英語に使った金額はとんでもないものになりました。

(知り合いには言ってませんが、数百万くらいです。)

正直、試験用英語力は、私にとっては無駄でした。

 

それに私は、近所の英会話教室に

幼稚園から小学校6年生まで通わせて頂いていました。

 

そのため、

「ちっちゃいうちから英会話教室にさえ通わせればOK」

とも思えず。

 

だからこそ、子供への英語教育の仕方は迷いました。

 

何が正解かわからなくて…

 

 

帰国子女の友達に幼児英語の勉強の仕方を聞きまくる!

そこで私が何をしたかと言うと、

勤務先が商社という関係で、英語に堪能な友達や同僚が沢山いたので、

 

彼ら(彼女ら)が、どうやって子どもの頃英語を勉強してきたのか、

子供がいるならば、どうやって子どもに英語を学ばせているのか?

 

徹底調査することをしました!!

(やっぱり一番信頼できるのはリアルな口コミですよね)

 

中には帰国子女で子どもの頃を海外で過ごし、

その後日本に戻ってきて小学校からは日本で生活をしてきた人もいました。

 

色々聞いて回ったのですが、その中で

皆が共通して言っていたことが1つあったのです。

 

それは、

「幼いうちに、英語が聴き取れる力を伸ばしておけ

ということでした。

 

日本人の多くが英語が苦手な理由は「音」

どういうことかというと、

皆が言うことには、

 

子供がどんどん日本語堪能になってくると、

言語を全て母音でしか聞き取れなくなってしまうんだそうです。

 

例えば、「ボトル」を例にして考えてみると、

 

日本語なら

「ボ(オの音)、ト(オの音)、ル(ウの音)」

といった組み合わせで

 

全ての音が「母音」で構成されます。

 

どんな単語でもそうですね。

 

英語で「アップル!」という時も、

「ア(アの音)、プ(ウの音)、ル(ウの音)」

 

日本語に慣れてくると、英語を話しているつもりでも

全部の音を母音にして発してしまいます。

 

しかしこれが英語になると、「ボトル」の場合、

「bottle」この黄色で色付けした「ttle」は

子音で発せられるので、

 

実際はハッキリと「ト」「ル」は聞こえてきません。

 

これが、まだ幼児期であれば

子音のみの音もしっかりと聴きとれるらしいのですが、

 

成長してくるにつれて、

母音以外の音は、脳が言語の音として拾えなくなり、

 

うまく聞き取れず、理解が出来なくなってしまうということです。

 

 

なので、私が聞いて回った友人たちは、

 

「子供が幼児期の頃に、とにかく英語の音に慣れさせる」

 

「日本語ライクなカタカナ英語で、単語やフレーズを暗記させても無駄」

 

「日常生活の中に英語を取り入れ、音として英語に触れる機会を作る」

 

ということを意識して勉強させていると言っていました。

 

英語の「音」が上手く聞き取れるようになる幼児向け英語教材ってあるの?

そこで私は、「英語の音」に重点を当てて、学べる教材を探しました。

 

これが意外と無くて。

 

DVD教材だと、英語を聴き取る耳を鍛えるというよりは、

目で見て楽しむものになりがちだし、

 

毎日同じDVDをみせるのにも限界があるのでダメでした。

 

子供が楽しんでくれるのは断然DVDだと思うのですが…。

あまり耳を鍛える効果は薄いかなと。

 

これまで、

「CD教材なんて、子どもが楽しまないから絶対に無駄。」

と思っていた私だったのに、

 

「英語を聴き取る力」を育てるために、

いつしかCD教材を探し始めまていました。

 

そして出来れば、歌や単語のリピートではなく、

しっかりと「会話の聞き取りが出来る教材」を探しました。

 

そんな頃に出会った教材が、七田式のセブンプラスバイリンガルでした。

 

娘が七田式に通っていたということもあり、

セブンプラスバイリンガルを使って勉強しているお兄ちゃん・お姉ちゃんの

口コミ感想が直接聞けたことも、

 

セブンプラスバイリンガルを始めるきっかけとなりました。

 

無駄?取り組み始めて感じたセブンプラスバイリンガルの効果を口コミ

満を持して決めた、子供の幼児向け英語教材。

 

これが半年前です。

当時、娘は2歳。

 

少し早いかな?と思いましたが、

 

本腰入れての勉強という感じではなく、

とにかく「英語の音」に慣れさせるために買いました。

 

届いた箱を開けたところ、「ふう~ん」という、

特に感動も無かったのですが、

 

意外や意外、娘が食いついたんですね。

 

それは、可愛いテキストの絵と塗り絵と、色鉛筆。

テキストのイラストが結構好きみたいです

 

塗り絵(CD聞きながらやってます)

 

こんなに沢山の色鉛筆(本人まだ上手く使えません…)

 

セブンプラスバイリンガルを選ぶ前は、

ディズニー英語システムも実際に使って検討したし、

そのDWEを使っている友達にも、最近どんな調子かを教えてもらったりしたし、

 

ベネッセのワールドワイドキッズも研究したり口コミ探したりして、

 

色々検討して最終的に、七田式のセブンプラスバイリンガルに決めました。

 

CD教材って、子供は興味を持たなくてやらないんじゃないの?

と思っていたので、

最初は聞き流しでいいかな、と考えていたのですが、

 

絵本のように楽しめることから、娘が食いついたんですね。

 

これは意外な効果でビックリ。

 

一緒にテキストを見ながら英語を聴いたり、

一緒に塗り絵をしながら英語を聴いたりするとう時間が、

セブンプラスバイリンガルのおかげで出来ました。

 

しかしですね、、、

やっぱりどんな教材でも、続けるのは難しいんです。

 

親子ともども。

 

セブンプラスバイリンガルの教材は、1回分のストーリーが7分なので、

日常生活の中で、「7分」さえ時間が作れれば取り組めるのに、

 

その7分が頑張れない。

 

しばらくして飽きてしまい、2週間放置したりということもしてしまいました。

 

ダメなお母さんですね^^;

 

そんなとき、七田式仲間のママからこんなことを言われたんです。

 

「セブンプラスバイリンガルは、とにかく聴かせ続けることが大事。

 

1回分が7分なんだし、例えば寝る前のちょっとした時間とか、

お風呂に入っている間とか、

家で出掛ける準備をしている時間とか、

 

これをするときに、セブンプラスバイリンガルを聴く

という習慣をつくるように2週間頑張ってみて。

 

うちの息子は、セブンプラスバイリンガルをきっかけに

英語を話すようになって、

 

年長で英検3級にも受かったよ」

 

私もそこでハッとしました。

何事も続けなければそこで終わり。

 

ママが飽きてやめちゃって、どうする?!

と。

 

そして今、勉強を始めてでかから半年が経過したところです。

そのママが言っていた通り、続けることにすごく意味があることを実感しています。

 

2歳半の娘、カタコトの英語を口にするようになってきました。

 

それも嬉しいのですが、

その発音のきれいさにびっくりしています。

 

「耳を鍛える」ってこういうことなんだなあと。

 

例えば、こんな英語を2歳半で口にしています。

「Really?」

「OK!」

「Me too」

「Elephant taxi!」本当は”An”が最初に必要ですが…

「Thank you」

「Are you from JAPAN?」多分暗唱しているだけで意味はわかっていません…

「I’m Kevin. Nice to meet you!」あなたの名前はケビンでは無いのですが。笑

 

など。

 

少しずつ、口にしてくれる単語が増えて、

私もとても楽しいです。

 

毎日何の苦労もなくセブンプラスバイリンガル(7+Bilingual)のCDを聞いてくれるわけではない

順調に見えるかもしれませんが、やはり2歳児、

 

気分屋さんなので、

毎日すんなりとCDを聴いてくれるわけではありません><

 

セブンプラスバイリンガル(7+Bilingual)の1回分の時間は7分

 

多分、どの英語教材よりも1回の学習時間は短いと思いますが、

 

この7分ですら、

「絶対毎日やらなきゃ!」

と思うとちょっと大変かもしれないですね^^

 

娘も、ノリノリで取り組んでくれる日もあれば

 

「イヤ!」と言って見向きもしてくれない日もあります。

 

英語を勉強する!と意気込まず、遊び感覚で教材に触れる

そこで私が意識しているのは、

「今はとにかく教材を遊び感覚で楽しむ

ことに重点を置くということです。

 

セブンプラスバイリンガル(7+Bilingual)で出てくる文章って

結構難しいものも多いし、

 

とにかく最初は

アウトプットよりインプットが必要。

 

英語を聴き取る聴覚がどんどん失われていくこの時期に

「少しでも英語を耳にしてもらって英語に耳を慣らすこと」

をまずは優先させています。

 

なので、

真剣に教材を見てくれなくても聴いてくれなくても良し!

 

絵本のようにテキストを広げて、

英語を面白おかしくオーバーに繰り返してみたり、

 

全く興味がなさそうなときは、

おもちゃで遊んでいる時のBGMにしたり、

 

セブンプラスバイリンガル(7+Bilingual)のぬりえをさせながら流したり、

車の中でのBGMで流したりと工夫しています。

 

絵本の本棚に紛れ込むようテキストを置いているので

それを娘の方から

「えーごー!A~B~C~D~E~F~G~♡」

と持ってきてくれる日はラッキーDAY。笑

 

内心「ヤッター!今日は楽だったな」と。笑。

英語が身近なものになっていると実感します。

 

 

セブンプラスバイリンガルって、そもそもどんな幼児英語教材?

セブンプラスバイリンガル口コミ

セブンプラスバイリンガルは、3歳~12歳を対象とした英語教材です。

 

使ってみた感想としては、

 

正直かなり高度な会話が展開されるので、

しっかりと取り組むなら小学生向きな気がします。

 

テーマが世界旅行なので、面白い反面、

かなり特殊な単語(自由の女神とか笑)がバンバン出てきます。

7+バイリンガル口コミ

フレーズも700フレーズ分収録されています。

これ1つで沢山の表現が学べる反面、やはり会話の内容は高度です。

 

でもふと考えてみると、

 

日本語だったら、2歳半の娘これくらいの言葉は

バンバン話しかけてるんですよね。

(さすがに自由の女神については話してませんが)

 

これが英語になった瞬間、「娘にとっては難しすぎるんじゃ…」と

親が勝手に壁を感じて、

教材を無駄だと思ってしまう。

 

でも続けていれば、ちゃんと子供はついてきてくれる。

 

やっぱり子供の脳ってすごいなあと実感します。

 

今では、「トレビの泉でお金を投げたら願い事がかなう」

ということも、教材を通じて覚えてしまいました。(笑)

 

実際にセブンプラスバイリンガルを続けている人たちの口コミは?

娘の例を紹介しましたが、

他にどのような口コミがあるか探してみました。

 

バイリンガル成功談1

口コミ

幼稚園で英語のレッスンがありましたが娘はあまり興味を持たず、身についている様子もありませんでした。

セブンプラスバイリンガルの教材が届くとその可愛らしいパッケージに娘が食いつき、

まずは一緒にぬりえに取り組みました。

 

セブンプラスバイリンガルの良いところは、まずは聞き流しから始めるところで、

テキストの英文を無理矢理発声するのではなくテキストのイラストを見ながら聞くだけでOKなところでした。

娘もたまに真似したりして英語が頭に入っていっている感覚があり、

気が付くと単語ではなく文章で英語を話し始めたので驚きました。

 

バイリンガル体験談2

くちこみ

基本的に車の中でCDをかけ流していました。

英語の表現が面白いらしく、色々なBGMにもノリノリになって楽しんでいました。

段々とフレーズを真似するようになり、ふとしたときに英語を話すようになったのですが

そのときの発音が素晴らしくて感動しました。

これからも続けていきたいと思います。

 

バイリンガル体験談3

クチコミ

世界一周ストーリーというのが面白いようで、英語を学びながら世界の観光名所や国の文化なども一緒に覚えていきました。

シンプルだけれど面白いストーリーで子供も興味を持ちやすく、出てくるキャラクターたちも可愛らしくて良かったです。

保護者にとって大きな負担なく英語の環境づくりが出来ました。

 

少しずつでも半年続けていたら、ぽつぽつ英語を話し始めるとわかった!

英語を子どもに教えるにあたって、

「30分聴かせる」となるとなかなか大変ですが

 

7分なら頑張れませんか?

 

私は毎日、「7分なんだし、やろう!」

自分に言い聞かせて続けてこれています。

 

(やっぱり英語でも何でも、

お母さんが出来る範囲でというのが大切ですよね)

 

日本語も、まずは大量にインプットしてから

会話をし始めるのと同じで、

 

英語もある程度インプットしないと

当たり前ですが、話すことは出来ません。

 

娘はセブンプラスバイリンガル(7+Bilingual)を聞き始めてから

半年たって、少しずつ英語を話し始めました。

 

逆に言うと、すぐには結果が出ない。

続けないと意味が無いし、無駄になる。

 

ということです。

 

最初は、まさか英語を話してる思わなかったので

私も聞き取れなかったのですが、

 

もう最近でははっきりと、

「英語を話してる!」と感じる瞬間があります。

 

 

これからも「英語が聞きとれる耳」を育て続けようと思います。

 

それが将来娘にとって、ものすごく大きな財産になると思うから^^

 

それでもやっぱり、

お子さんやご家庭によって、

教材の合う合わないはあるかもしれません。

 

教材の良し悪しじゃなくても、

直観的に「好き、嫌い」というのもあると思います。

 

その辺は、実際の教材を使ってみないと分からないですよね^^;

 

そんな、不安なママへお伝えしたい、

セブンプラスバイリンガルのすごいところ。

 

実はセブンプラスバイリンガル(7+Bilingual)、

購入後、内容に満足出来なければ、

全額返金してもらえる保証がついています。

だったら、試してみてから良し悪しを決めても良いし、

 

無駄!と思ったら、返金してもらえば良い話。

だから、「買って失敗した!」というリスクはありません。

 

全額返金保証は公式サイトからの購入でついてきますので、

まだお子さんに英語をやらせていないご家庭は、

是非セブンプラスバイリンガルを使って、英語の時間をご家庭に取り入れてみてください。

↓↓↓

 

サブコンテンツ

このページの先頭へ